○フォーラム開催のお知らせ  IT・クラウドを活用しよう!

過去の開催履歴はこちらLinkIcon

第33回
東北SaaS・クラウドフォーラム@仙台のお知らせ

【主催】一般社団法人 東北産業振興協会

日時:2018年4月18日(水) 
13:15受付/13:30開始 ~ 18:00終了(予定)
懇親会 フォーラムが終わり次第

~クラウド時代に必要な提案力を高めるための実践と習慣化~
福島の取り組み「福島ロボッテストフィールドト」ご紹介
「準天頂衛星 高精度測位データを活用したビジネス」-東北クラウド未来創造塾 
1.TOPIX 13:30~

①SORクラウドの動向(富士通、Amazon、アジュール)
②富士通のコミュニティについて
③データセンター関連 アップル社 iCloudの事例
④トップガンセミナー
東北SaaS・クラウドフォーラム 顧問
NCRI株式会社 会長 津田 邦和

2.「福島ロボットテストフィールド」のご紹介/福島県の取り組みについて 14:00~

福島県 商工労働部 ロボット産業推進室
室長 北島 明文様

①「福島ロボットテストフィールド」のご紹介/福島県の取り組みについて
福島イノベーション・コースト構想に基づき整備する「福島ロボットテストフィールド」は、物流、インフラ点検大規模火災などに活用が期待される無人航空機、災害対応ロボット、水中探査ロボットといった陸・海・空のフィールドロボットを主対象に、実際の使用環境を拠点内で再現しながら研究開発、実証実験、性能評価、操縦訓練を行うことができる、世界に類を見ない一大研究開発拠点です。福島県 ロボット産業推進室 北島室長をお招きし、「福島ロボットテストフィールド」のご紹介と福島県の取り組みについてお伺いいたします。

②メンバーからの質問とディスカッション

3.東北クラウド創造未来塾
15:55~
準天頂衛星の高精度測位データの活用について ディスカッション

ファシリテーター
東北SaaS・クラウドフォーラム 顧問
NCRI株式会社 会長 津田 邦和

①前回の振り返り
②アイデア詳細とビジネスモデルを考える ※次回発表会に向けての取りまとめ
③各チーム発表

4.事務局からの連絡等
17:10~

~終了予定 17:20~ 

場所:トークネットホール仙台(仙台市民会館) 第1会議室
    仙台市青葉区桜ヶ岡公園4-1   
電話:022-262-4721  

★お問合先★
  一般社団法人東北産業振興協会
  東北SaaS・クラウドフォーラム東京事務局 担当:佐藤
  メールアドレス: thk-support@tohoku-sk.jp
  TEL:03-6890-0677

○News

その他NewsはこちらLinkIcon

「東北SaaS・クラウド震災復興支援フォーラム」へ

10/1から従来の東北SaaS連合会と復興支援クラウドフォーラムが統合し、東北地区については新たに「東北SaaS・クラウド震災復興支援フォーラム」として生まれ変わります。
この変更に伴い、事務局運営は一般社団法人 東北産業振興協会が行います。

12/2の会合から新しい枠組みで始まりますので、今後ともよろしくお願い致します。

LinkIconお知らせ

「"東振協" 東北産業振興協会 発足会」開催

111026_news_hirotsu.JPG代表理事 廣津佐知子一般社団法人 東北産業振興協会の設立にあたり、同日開催された東北SaaS連合会・復興支援クラウドフォーラム合同会合に引き続き、フォレスト仙台にて、”東振協”の発足会を開催いたしました。
当日は約120名もの皆様お集まりいただき、ご来賓の皆様からは励ましやクラウドの必要性など様々なコメントを頂戴しました。


「絆★クラウド 東北からはじまるグローバル!」をスローガンに東北復興に寄与してまいります。


LinkIconNewsLinkIcon記事全文はこちら

一般社団法人「東北産業振興協会」 顧問のご紹介

◆顧問 ※敬称略・五十音順

  • 上草 憲昭  : 株式会社me2me 代表取締役社長
  • 佐々木 賢一 : トライポッドワークス株式会社 代表取締役社長
  • 佐々木 進矢 : M&Iプリンシプル・コンサルティング事務所 代表
  • 鈴木 彰   : ネットコンピューティングアライアンス 代表
  • 鈴木 美範  : 株式会社鈴木工務店 代表取締役社長
  • 竹井 智宏  : 一般社団法人 MAKOTO 代表理事
  • 津田 邦和  : ネットコンピューティングアライアンス 専務理事
  • 益満 環   : 石巻専修大学准教授

LinkIconNews

一般社団法人「東北産業振興協会」設立について

110926-ロゴB本番2.jpg3.11.震災以降、被災地域では6か月を経過し、瓦礫撤去が進みつつある状況となっております。しかし、いわゆる復興はまだ今後というレベルにあり、そのために実施すべき事は数多くある現状と思われます。
そこで、微力ながら東北地域の社会基盤や産業の復興を目的として、一般社団法人「東北産業振興協会」を設立し、復興の早期化のお手伝いをさせて頂くこととなりました。
誠心誠意努力する所存ですので、皆様の絶大なるご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

LinkIconNews

IMG_6875.JPG

110926-ロゴB本番2.jpg